ソラストが接遇に力を入れる理由

ソラストで働く社員は、医療事務・介護・保育の各分野でプロフェッショナルであることを目指しています。知識や技術に関してプロフェッショナルであるのはもちろん、人と接する仕事である以上、「接遇」に関してもプロフェッショナルでありたいと考えています。

接遇とは、相手を思いやる気持ちを形で示すこと。相手に対する気遣いは、行動に表さなければ伝わりません。そして、相手がそれを受け入れてくれなければ、あるいはその気持ちに気づかなければ、単なる自己満足で終わってしまいます。だからこそ、目には見えない思いを行動に表し、相手に伝える術(すべ)を身に付ける必要があるのです。

ソラストは人を「元気」にし、パートナーを「元気」にし、社会を「元気」にする会社です。ソラスト社員の接遇スキルやその結果である立ち居振る舞いは、人と人をつなぎ、心と心を通わせます。それが、本来の業務に大きな付加価値を生み出しているのです。

たとえば、医療事務なら患者さま、介護なら介護を受けられる方とそのご家族、保育なら保護者といったように、人と直に接する機会が多いソラストの社員は、病院や介護事業所、保育園の「顔」になります。対応ひとつで、その病院や施設のイメージが左右されることもあります。サービスの質の向上を目指す医療機関にとって接遇スキルはとても重要なことなのです。

選ばれるソラストであり続けるために。「ソラストにお願いして良かった」「ソラストで働いてみたい」、そんなふうに思ってもらえる会社になるために。すべての社員が接遇の大切さを学び、スキルを磨き、日々実践しています。