独立行政法人国立病院機構
岩国医療センター

岩国医療センターは、山口県岩国市の中央に位置し、岩国市はもとより、広島県や島根県の一部を医療圏とする地域の中核病院です。岩国圏の医療供給不足問題を解決するため、2013年、海沿いの黒磯から市の中心部に近い愛宕山に移転。「地域の皆様から愛され、信頼される病院であり続けること」を使命とし、地域完結型医療を目指して、安心して住める岩国の街づくりに貢献しています。
〒740-8510
山口県岩国市愛宕町地行浜1丁目1番1号
TEL 0827-34-1000
岩国医療センターのお仕事情報

山口県内の医療事務求人 医療事務のお仕事情報

職場の「元気」、探してみました!

一日をすがすがしい気持ちでスタートさせる秘訣は?

一日の仕事は、明るく元気にスタートさせたいもの。毎日、朝いちばんに患者さまをお迎えするときは、医療事務スタッフが整列し、「おはようございます!」と心をこめて挨拶をします。身だしなみから、お辞儀のタイミングや角度、目線、声のトーンまで、当たり前のことを一人ひとりが再確認し、接遇の基本に立ち返る瞬間です。自然と気持ちも引き締まります。

また、規律あるチームづくり、社員同士が助け合えるチームづくりを目指した取り組みとして、全社員の日々の残業状況を社員へフィードバックし、スタッフ全員が仕事とプライベートの両方を充実させられるように工夫しています。

仕事のミスをどうやってバネにする?

もちろんミスがないに越したことはないけれど、起きてしまったミスは「ペナルティ」で片づけてしまわず、「報・連・相」を徹底し、貴重な「カイゼンの機会」としてポジティブにとらえるようにしています。

毎週月曜日には、ソラストが受託する各病院のカイゼン提案書提出件数を回覧するようにしたこともあって、一人ひとりが常にカイゼンを意識するようになりました。結果として、カイゼン提案書の提出件数が大幅に伸び、社員同士の重要なコミュニケーション・ツールにもなっています。

「向上心を持って仕事に取り組んでいます」と語るのは、仲間たちから「イチオシ!きらめいと」に推薦された入院係の松本友花さん。もちろん、松本さんだけでなく、岩国医療センターの社員みんなが患者さまの立場で考え、行動できるプロフェッショナル集団を目指して、今日も仕事に励んでいます。

ソラストは、人を元気にし、パートナーを元気にし、社会を元気にする会社。きらめいとたちが、明るく元気にいきいきと働く職場をこれからもどんどん紹介していくよ。