受付スタッフは病院の顔。さまざまな症状で病院を訪れる患者さまを笑顔でお迎えし、保険証の受け渡しや、診察時間や診察室のご案内、カルテの準備などを行います。病院を訪れたときに最初に訪れる場所でもあり、受付の対応が病院全体のイメージを左右することもあります。また、症状に合わせた診療科をご案内するなど、医療に関する知識を求められるシーンも少なくありません。

一日の仕事の流れ

ひと口の受付と言っても、外来受付と入院受付、総合受付と診療科受付などで仕事内容は細かく異なります。ここでは代表的な仕事の流れをご紹介します。

総合受付の例

※これは一例です。病院によって異なります。
8:15~ 出勤 朝の準備(着替え、清掃、補充など)
8:20~ 朝礼
8:30~ 業務
新患カルテ作成、保険確認および登録、診療情報提供、画像取り込み
電話・患者さん対応、駐車料金減額処理など
12:00~ 昼食
13:00~ 業務
17:00~ 翌日の準備(清掃、補充、着替えなど)
17:15 退勤

診療科受付の例

※これは一例です。病院によって異なります。
8:15~ 出勤 各診療科で朝の準備(着替え、清掃、補充など)
8:30~ 業務
受付業務、電話での患者さまからの問い合わせ対応、予約変更
他科依頼、薬局からの疑義照会対応、郵送物の確認など
12:00~ 昼食
13:00~ 業務
17:00~ 翌日の準備(清掃、補充、着替えなど)
17:15 退勤

受付スタッフへの道のり

未経験からはじめる場合と、資格を活かす場合とで配属までのステップは大きくは変わりません。特に有資格者であっても現場経験がない場合は未経験者と同じ扱いです。

未経験からはじめる

新入社員研修にて医療・接遇の知識を学ぶ

先輩社員と一緒に研修から業務をスタート

保健医療制度、PC操作方法、
院内ルール等を学ぶ

医療事務・接遇資格の勉強をして
資格取得を目指す

受付スタッフとして配属

資格を活かす

新入社員研修にて医療・接遇の知識を学ぶ

先輩社員と一緒に研修から業務をスタート

保健医療制度、PC操作方法、
院内ルール等を学ぶ

受付スタッフとして配属

求められる要件

受付スタッフに求められるスキルは?必要な資格は?やりがいは?そんな疑問にお応えするために、ソラストで働く受付スタッフについて採用担当者に伺いました。

Q.どんな経験が活かせる?

受付スタッフは、さまざまな場面で接遇力が試されるお仕事です。医療事務の経験は必須ではありません。前職で販売員をされていた方、飲食・サービス業に従事されていた方、コールセンターでクレーム対応をされていた方など、業界に関係なく接客業に携わった経験はむしろ強みになります。

接客経験のある方には、コミュニケーションスキルの高い方や、人と接する仕事に対してモチベーションが高い方が多い傾向にあり、なかでも銀行窓口の経験者などは、接遇マナーはもちろん、現金や個人情報の取り扱いなどの事務能力にも優れていることから、即戦力として期待されます。

Q.どんな人に向いている?

・人とかかわることが好きである
・落ち着いて行動できる
・相手やシーンに応じた適切な言葉づかいができる
・清潔感がある
・状況に応じて臨機応変に対応できる

Q.どんな資格が必要?

受付スタッフには、必ずしも資格は必要ありません※。「患者さまのお役に立ちたい」という思いがあれば十分です。ただし、スキルアップを目指される方は、入社後にホスピタルコンシェルジュ(病院における接遇力と医療事務の知識を併せ持つ人材に対する認定資格)の資格取得をお勧めします。
※部署によって医療事務の資格が必要な場合もあります。

きらめいとVoice ~ 受付スタッフに聞きました ~

  • この仕事の一番の魅力は、病院の顔ともいえる重要なポジションであること。医師や看護師と違って直接的に患者様の治療を行うことはできませんが、的確な判断、患者さまへの小さな配慮が、結果としてスムーズに受診してもらえることにつながります。患者さまのためにできることが限られている中で「ありがとう助かったよ!」と言っていただけた時は、もっともやりがいを感じる瞬間です。1日に何百人という患者さまが来院するため、マニュアル通りにはいかないことがほとんどですが、常に改善点はないか、他にできることはないかと、視点を変えてみるように心がけています。

  • 医療事務の業務で一番に患者さまとお話しするのが受付スタッフです。時には痛みや不満、怒りに触れることもありますが、それ以上に多くの笑顔に出会えるのが魅力だと感じています。共感力、想像力、忍耐力など、さまざまな力が問われる仕事なので、人間的にも成長できている気がします。初診受付のお仕事は、かかわる部署も必要な知識も格段に増えるのでハードルは高いのですが、短期的には入院・初診のどちらの受付業務もこなせるようになるのが目標です。長期的には、どんなライフプランを選択しても、働きたいと思ったときに働けるスキルを身につけたいですね。そのために資格取得や異動が必要なら、進んで挑戦したいと思っています。

  • 診療科受付スタッフのリーダーとして、他のスタッフの様子を気にしつつ、各科の受付がスムーズに進行できるように心がけています。将来的には、サブマネージャーとして診療科全体の進行や各スタッフの進捗状況などを把握できる立場になっていきたいです。仕事がら、患者さまやそのご家族に名前と顔を覚えていただき、院内のどこにいてもねぎらいの言葉をかけていただけたりすると、とてもうれしいですね。

  • たくさんの方から「ありがとう」の言葉をいただける総合案内。ここで働けることを誇りに思います。私たち受付スタッフは、患者さまのために笑顔でいるようで、実は患者さまから笑顔になれる機会をたくさんいただいています。たとえば、病院に対するご不満をお話ししてくださった患者さまから、最後に「話を聞いてくれてありがとう」という言葉をいただいたことは今でも忘れません。今後は接遇アドバイザーになり、接遇の楽しさや難しさを職場のスタッフたちに伝えていきたいですね。

  • 医療事務の資格やスキルはどこへ行っても通用するので、全国どこでも働くことができます。私が現在勤務する病院は大学病院なので、診療科も多く、さまざまな診療科の会計スキルを学ぶことができます。レセプト業務や日々行っている診療会計は、病院の経営にかかわってくる責任の重いお仕事です。請求漏れがないように「カルテをきちんと読むこと」「確認を怠らないこと」を心がける一方で、患者さまをなるべくお待たせしないよう、迅速かつ正確な会計に努めています。