高卒でも医療事務になれる理由!採用されやすくなる方法や求める人材の特長など

2019/05/21

医療事務は医療の現場で働く仕事。「高卒では働けない」「大卒以上の学歴や専門的な資格がないと採用されない」と思っていませんか?実は医療事務は高卒の方でも、無資格未経験の方でもなれる仕事です。本記事では、医療事務が高卒の方でも始めやすい理由や採用されやすくなるための方法などを紹介します。

高卒の方も医療事務員になれる!医療事務は幅広く求人を募集しています

医療事務は高卒の方もなれる仕事です。医療事務は医療業界の仕事なので、専門的な知識が必要とイメージされやすいのですが、働く条件はそこまで厳しくありません。

特に最近では医療機関の需要増加に伴った人手不足の問題もあり、幅広い人へ向けて求人が出されています。そのため、医療事務には次のような特徴があります。

学歴不問の求人が多い

高卒の方でも安心して目指せる理由は、一般的に医療事務は学歴不問の求人が多いことです。医療事務の募集は学歴をあまり重視しない場合が多く、中卒や高卒であっても受け入れてくれる可能性は充分にあります。

無資格、未経験OK、年齢制限なしの求人も多い

医療事務は無資格者、未経験者でも募集している求人が多くあります。さらに年齢による制限もあまりないので、覚えることは多いですが医療事務は誰でも始めやすい仕事です。なおかつ、一度始めて経験者になれば、別の施設で医療事務として転職する際に優遇されやすくなります。

高卒の方が医療事務の求人に採用されやすくなる方法

幅広く人員を募集している医療事務ですが、応募して不採用になる可能性ももちろんあります。少しでも採用確率を上げるための方法に、次の4つを紹介します。

・学歴不問の求人に応募する
・資格を取得する
・専門学校に入学する
・医療事務講座を受講する

学歴不問の求人に応募する

学歴不問で自分の希望条件と合っている求人があれば積極的に応募しましょう。上記で解説したように、学歴不問の求人は少なくありません。学歴不問と書かれている求人なら、高卒の方であってもハンデは少なく、学歴とは違う部分で評価されやすいです。

資格を取得する

医療事務は無資格者の募集も多いですが、資格がないよりはある方が有利になるのも事実。資格を取得していれば、医療事務に就いた後でキャリアアップを目指す際にも有利に働きます。医療事務の資格は全て民間資格であり、高卒の方も取得することが可能です。

専門学校に入学する

医療事務が学べる専門学校に行くと、医療事務の知識はもちろん、医療現場での実習、ビジネスマナーやパソコン実習など、仕事をするための幅広いスキルを学ぶことができます。学校によっては、資格取得や就職活動のサポートもしてもらえます。卒業までに1~3年ほどかかるところが多いので、時間とお金に余裕がある場合におすすめです。

医療事務の講座を受講する

医療事務講座を受けて知識やスキルを蓄えておくのも良いでしょう。こちらも資格が取得できたり、就職活動のサポートしてくれたりするところもあります。通信の教育講座であれば、自分の都合の良い時間に学習することが可能です。誰でも受講できる講座も多く、受けたことで意欲のアピールにも繋がります。

学歴に自信がなくても欲しい人材!医療事務に向いている人、求められる人

医療事務の採用に学歴は求められませんが、だからこそ学歴以外に評価される要素が大事です。医療事務に向いている人、求められる人の主な特長を紹介します。

コミュニケーション能力がある人

医療事務は、従業員との連携が必要な業務も多々あるので、円滑に仕事を進めるためにはコミュニケーション能力が必要です。また、医療施設では多くの患者さんのほか、事務員、医者、看護師などさまざまな人と関わります。そのため、相手や状況によって臨機応変な対応ができる人が医療事務に向いています。

ホスピタリティがある人

笑顔で思いやりを持った行動ができる人が医療事務には求められます。医療機関に入った患者さんに最初に対応をするのは、医療事務として働く窓口の受付スタッフ。病気やケガなどで不安になっている患者さんも多いので、気持ちを安心させる対応が大事です。

医療事務になるやりがいとメリット

やりがいとメリットを知れば、より医療事務を目指すモチベーションが高まります!医療事務のやりがい、メリットは主に次の3つです。

・患者さんから返される笑顔や感謝の言葉
・将来的に安定性の高いと言われる仕事
・全国に求人があり、職場が多く、選べる

患者さんから返される笑顔や感謝の言葉

患者さんから笑顔や感謝の言葉をもらうことは、働く上で大きなやりがいとなります。医療事務職はデスクワークだけでなく、窓口対応など患者さんと接する機会も多い仕事です。そのため、直接患者さんの笑顔や感謝の言葉をもらうことも多く、他の事務職にはないやりがいを持ちながら働ける仕事です。

将来的に安定性の高いと言われる仕事

医療関係・医療施設の仕事は景気に関係なく需要があり、特に高齢化社会が進む日本ではますます増えると予想されます。それに比例して、この先も医療事務の需要も増える可能性が高いです。

また医療事務で働き、医療関係の知識・スキルを身につけることで、看護師など、他の医療関係の仕事に就く足掛かりになる場合もあります。医療事務職は、医療事務自体のニーズはもちろん、経験を活かしたキャリア形成ができる可能性もあるため、就職チャンスが多い仕事といえるでしょう。

全国に求人があり、職場が多く、選べる

医療事務は職場が多く、選択肢が多いというメリットがあります。医療機関は全国にあるため、引っ越しをした場合でも職場探しが容易です。また一般的な事務と比べ専門性が高く、経験者が優遇されやすいため、医療事務の経験があれば、より職場を選びやすくなるという特徴があります。

医療事務は高卒の方もなれる仕事!スキルアップすれば学歴関係なく採用率UP!

医療事務は高卒の方も充分に働けるチャンスのある職業です。少しでも医療事務に採用されやすくなるためには、学歴が重視されないぶん、人柄やスキルなどの別の評価基準を対策しておくことが効果的。とはいえ、無資格未経験OKの求人も多いので、強く身構える必要はありません。そして一度医療事務として働けば、経験者として別の施設に転職する際にも優遇されやすくなります。まずは一度、求人をチェックして挑戦してみましょう!

新着記事