兵庫県の医療事務求人の特徴とは?地域の特徴も知っておこう!

2020/04/24

兵庫県の医療事務の求人の特徴とは?

兵庫県は大都市神戸を含んでおり、医療事務求人も豊富です。充実した医療事務求人の中でも、自分にとってよりよい条件で働くために、兵庫県の医療事務の平均給与や求人の詳細について把握しておきましょう。

平均給料

ソラジョブでの兵庫県の医療事務の平均月給は、14~18万円となっています。兵庫県の中でも神戸市に病院が多く、求人が都市部に集中している傾向があります。兵庫県の郊外は平均かそれ以下の月給ベースの求人が多く見られますが、都市部は最初から15万円以上の求人も多いようです。

働き先の数

兵庫県には359か所の病院があり、関西地方の中で病院数が多い方だと言えるでしょう。病院数が多いことから、必然的に求人数も多くなり、病院事務の求人が見つけやすくなります。ソラジョブでは27の施設が登録されており、88件以上の求人があります。求人数は、関西地方の中で、充実しているため、より自分の理想に近い求人を見つけられるでしょう。

求人例

例1)資格手当充実!経験者ほどトクする立地条件抜群の病院医療事務

職種 医療事務
仕事内容 受診前受付業務
受診日調整
患者様受付
セカンドオピニオン受付
紹介状の確認
会計、計算
レセプト点検
証明書、診断書発行
返信文書作成
患者様、退院からの問い合わせ対応等
給与 151,000円~180,000円
昇給制度あり(年1回)、交通費全額支給(2km以上)
資格手当:1,000~8,000円/月
・医療事務管理士(JSMA):2,000円
・診療報酬請求事務能力認定(財団):5,000円
・ホスピタルコンシェルジュ(JSMA)1級:8,000円、2級:3,000円、3級:1,000円
雇用形態 契約社員(契約期間終了後に正社員へ変更可)
勤務時間 8:30~17:30
応募資格 学歴不問
無資格OK
社会保険 各種社会保険制度あり(法令通り)
求人の特徴 土日祝休み、正社員登用制度あり、ブランクOK、40代以上活躍中、資格取得支援制度あり

医療事務管理士や診療報酬請求事務能力認定など、資格手当が充実した求人です。1級、2級などによっても細かく資格手当が支払われるため、モチベーションを維持しながらじっくりとスキルアップを狙える環境と言えるでしょう。

例2)1日7時間勤務でワークライフバランスもバッチリ!ナースステーションの病棟クラーク

職種 医療事務(入院受付・病棟クラーク)
仕事内容 入院カルテの整理
ベッドネームボードの作成
退院時に必要となる文書確認及び提出
入院請求に関する業務
他科診察の予約・予約変更の関係部署との連絡調整
処置伝票の確認
給与 136,320円~150,000円
交通費全額支給、残業代別途支給、昇給制度あり(年1回)
資格手当:1,000~8,000円/月
・医療事務管理士:2,000円(JSMA)
・診療報酬請求事務能力認定試験:5,000円(財団)
・ホスピタルコンシェルジュ:1級8,000円、2級3,000円、3級1,000円(JSMA)
雇用形態 派遣社員
勤務時間 9:00~17:00
応募資格 学歴不問
無資格OK
社会保険 各種社会保険制度あり(法令通り)
求人の特徴 土日祝休み、未経験OK、40代以上活躍中

1日7時間勤務でワークライフバランスを重視したい人におすすめの求人です。土日祝も休みに加え、未経験でもチャレンジ可能です。試しに医療事務を始めてみたいという方にもハードルの低い設定が魅力の求人です。

兵庫県で医療事務として働く魅力とは?

兵庫県は、大都市神戸市を中心に医療事務の求人数が関西地方の中でも多い傾向があります。県内でもエリアによっては自然豊かなところもあり、自分のライフスタイルに合わせて仕事が選べるでしょう。ここでは兵庫県で働いてよかったと思える4つのメリットを紹介します。

・酒造が多く、酒蔵めぐりが楽しめる
・姫路城や竹田城など城めぐりも楽しい
・大阪へのアクセスがよく、ライブやイベントにも参加しやすい

酒造が多く、酒蔵めぐりが楽しめる

兵庫県には全部で9つの酒造組合があります。組合によって作るお酒の傾向も異なるため、休日に酒造をめぐるという過ごし方もおすすめです。「仙介」「奥丹波」「龍力」などの日本酒が有名で、全国的にも人気のある酒造が多いのが兵庫県の特徴となっています。

姫路城や竹田城など城めぐりも楽しい

兵庫県はお城の多さでも有名な県です。姫路市の姫路城をはじめとして、赤穂市の赤穂城、明石市の明石城、朝来市の竹田城跡など、多くの城や城跡が残っています。城下町としてお土産や観光地も発展しているため、城めぐりを趣味にしていない人でも十分に楽しめるでしょう。

大阪へのアクセスがよく、ライブやイベントにも参加しやすい

兵庫県は大都市大阪までのアクセスがよく、ショッピングやイベントにも行きやすいというメリットがあります。たとえば神戸市から大阪に移動する場合、JR東海道山陽本線新快速に乗れば、乗り換えることなく20分ほどでアクセスすることができます。応援しているアーティストがいる人は、ライブやコンサートを楽しめる機会が多くなるでしょう。

兵庫県で働く上で気をつけておきたいポイント

兵庫県は、海にも山にもアクセスできて、多様なライフスタイルが選択できるというメリットがあります。実際に勤務して、いいところばかりチェックしていると「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあるでしょう。後悔する前に兵庫県で医療事務として働く際にチェックしておきたいことを紹介します。

公共交通機関が山陽ルートに集中

同じ兵庫県でも、南部と北部では地域差があります。その1つに公共交通機関の数があげられるでしょう。兵庫県内の南部山陽ルートに勤務する場合は、電車もバスも多くの路線と便が確保されているため、車の必要性はそこまで高くないでしょう。一方で、南部以外では、車を使う機会も増えることが予想されます。そのため車を所有していない人は通勤手段をあらかじめ確認してみましょう。

大阪に比べ繁華街の夜が少し早いことも

隣接県である大阪と比較すると、夜は早く店じまいするところも多いようです。居酒屋などで夜遅くまで、と思っても場所によっては店が早く閉まってしまうので、事前に確認しておきましょう。自分のライフスタイルに合わせた地域選びが重要です。

兵庫県の良さを満喫しながら医療事務として働こう

兵庫県は、大都市から山間部まで住む場所によって楽しみが変わるところです。神戸市を中心として、医療事務の求人数も豊富で、大阪へのアクセスもしやすいというメリットがあります。より自分の希望に近い求人を見つけることができれば、あとは住む場所によって自分好みのライフスタイルを送ることができるでしょう。

新着記事