大阪で医療事務の仕事がしたい!大阪で勤務するメリット、求人おすすめエリアとは

2019/01/29

医療事務の仕事をやりたいなら、大阪で求人を探すのがおすすめです。大阪の医療事務は求人数が多く、他の都道府県と比べて給与水準も高い傾向にあります。また大阪には、求人数や待遇面以外にも、都市としての利便性、住みやすさといった面での魅力があります。待遇や都市の利便性を踏まえ、大阪で医療事務として働くメリット・デメリット紹介します。

大阪にある医療事務の求人の特徴

大阪の医療事務の平均給与、求人数、求人例をご紹介します。

大阪の医療事務の平均給料

大阪の医療事務の求人で正社員雇用の場合、給料は月給15万円を超えているものが多く、高いものでは20万円ほどの求人があります。また、パート募集をしているところでは、時給1000円前後の求人が多いです。この金額は全国にある医療事務の給料と比較すると、高い傾向にあります。

大阪の医療事務の求人数

大阪の医療事務の求人数は、他の都道府県にある求人数と比較して多いです。医療事務の求人を扱う「ソラジョブ 」に掲載されている医療事務の求人数は、関西圏で大阪が最も多く掲載されています。
また厚生労働省からは、病院の総数でも大阪は、東京、北海道についで3番目に多いと発表されています。 これは全国でもトップクラスの病院数があることになります。病院数が多いため、大阪は医療事務の求人数も多く、自分が求める条件を絞り込んでいきながら、吟味して求人を探していくことが可能です。

大阪の医療事務の求人例

例1)駅チカ!NTT西日本大阪病院内での診療科受付募集!

職種 医療事務(診療科受付)
仕事内容 診療科受付
・患者さまの受付・案内
・予約確認
・コンピュータへの入力業務
・電話応対
・各種問い合わせ対応…などをお願いします。
給与 月給160,000円から
交通費支給あり(交通費別途全額支給(2キロ以上))
雇用形態 契約社員
雇用期間の定めあり(1年)※期間終了後、正社員に変更
試用期間3ヶ月(同待遇)
勤務時間 (1)07:45 〜 16:30
(2)08:15 〜 17:00
社会保険 各種社会保険制度あり(法令通り)

大阪は公共交通機関が充実しており、電車などで移動することも多いため、駅チカである医療機関は大変便利。契約社員からスタートして、雇用期間を満了すると正社員になれる求人もあります。

例2)週3日OK愛染橋病院での診療科受付パート募集

職種 医療事務(診療科受付)
仕事内容 愛染橋病院での診療科窓口での患者さま対応のお仕事です。
・診療科での外来患者さまの受付業務
・カルテ管理、搬送
・検査結果貼付
・電話応対業務 など
給与 時給1000円から
交通費支給あり(別途全額支給(2キロ以上))
雇用形態 パート
勤務時間 (1) 08:30 〜 16:30
(2) 08:30 〜 13:00
(3) 09:00 〜 17:00
社会保険 各種社会保険制度あり(法令通り)

大阪の医療事務の求人には短時間勤務のパートを募集しているところもあります。子どものお世話や家事、習い事などと仕事を両立したい人にもおすすめです。

大阪で医療事務をはじめる3つのメリット

大阪で働くメリットを3つご紹介します。

・充実した公共交通機関
・災害が少ない
・大阪には「薬の街」呼ばれる道修町がある

充実した公共交通機関

大阪は地下鉄や在来線、バスなどが数多く走っています 。 Yahoo! JAPANビッグデータレポートによると1時間で到達できるエリア面積ランキングでは47都道府県で4位にランクインしています。移動できる面積が多いということは公共交通機関がの充実度がわかります。 府内だけではなく、京都・奈良・神戸へのアクセスも優れていることも魅力です。また、あまり知られていませんが、大阪市内の梅田や難波、心斎橋といった大阪の中心街は、ほとんどが海抜0~10m以内の低平地 。平たんな道が多いため、中心街は自転車での移動がしやすくなっています。

家賃が東京ほど高くない

大阪は同じく大都市である東京と比べても平均的に家賃が安い傾向があります。
東京では家賃が高い為、仕事が都内にあったとしても、神奈川、埼玉、千葉などに家を借りて出勤する方も多いのですが、大阪の場合は府内に住居を構えて、大阪の職場に行く方が多いのも特徴です。 当然ですが、通勤時間も短く済むため、朝の電車のストレスも軽減できるというメリットもあります。

都道府県別の通勤時間の比較

1位 神奈川県 1時間45分
2位 千葉県 1時間42分
3位 埼玉県 1時間36分
4位 東京都 1時間34分
・・・・
6位 大阪府 1時間25分

(総務省統計局 平成28年「社会生活基本調査」「47都道府県 通勤・通学時間が長い!?ランキング」より)

大阪には「薬の街」がある

大阪には“道修町”というオフィス街があります。道修町は、多くの製薬会社や薬品会社がオフィスを構えているエリアです。この辺り一帯は、古くから薬種卸問屋が多く「薬の街」として栄えてきた歴史があります。また大阪には、製薬業界No.1の武田薬品工業も本社を置いています。製薬会社で医療事務員として働きたい人は特に、大阪で仕事探しをすることがおすすめです。

大阪で楽しく働きながら過ごす方法

初めて大阪で過ごすと、他の地域との文化の違いに驚く人も少なくありません。「上手くなじむことができなかった」といったことにならないように、大阪で働きながら楽しく過ごす方法について2つご紹介します。

コミュニケーションは積極的に行う

大阪の人たちは相手のことを知るため、積極的にコミュニケーションを取る傾向にあります。しっかり会話をして、こちらからも積極的にコミュニケーションを取るように心がけると打ち解けやすくなるでしょう。

休みはしっかりとリフレッシュする

大阪は国内有数の観光名所として、外国人も数多く訪れる場所です。せっかく大阪に住むのなら、休日はリフレッシュするためにも、街中を出歩いてみましょう。

人情深い街である大阪は、歩いているだけで話しかけてくる人もたくさんいます。そういった人たちとコミュニケーションを取っているだけでも、気分転換をすることができます。他にも、歴史ある建物がある重厚な街や、おしゃれな人が集う街など、いろいろな顔を持つのが大阪です。さまざまな場所に赴くことによって、大阪の魅力にどんどん気づくことができます。

大阪に住む際のおすすめエリアを紹介

大阪で働きたい人のなかにも、どのエリアに住むのが良いか分からないと悩んでいる人もいるでしょう。ここでは3つの特徴に分けて、それぞれ大阪で暮らす際のおすすめエリアをご紹介します。

家賃相場が低いエリア

誰でも住むエリアは少しでも家賃が低いところを選びたいはず。そこでおすすめしたいのが「箕面」です。 梅田方面行きの始発駅であり、梅田まで30分程度でアクセスすることができます。とても静かで過ごしやすく、それでいて家賃相場も低いため、関西でも有数のベッドタウンです。

駅周辺にはスーパーや飲食店が並んでいるため、買い物に困ることはありません。なかには夜遅くまで営業している店舗などもあるため、仕事で帰りが遅くなってしまったときでも安心です。

利便性が高いエリア

プライベートを充実させたいため、利便性を気にする人も多いのではないでしょうか。繁華街として有名な梅田などのエリアは便利ですが、しかし家賃が高いためあまりおすすめはできません。

そこで利便性と家賃を同時に加味して選びたいのが「天王寺」です。駅前には“あべのハルカス”など商業施設が充実しており、常にたくさんの人で賑わっています。また、複数の路線が利用可能。大阪駅や難波駅などへも直通でいけるなど 、アクセス面が良好です。便利な天王寺ですが、家賃が梅田などの繁華街と比べると安いです。

治安が良いエリア

安全に暮らすなら、「堺市」は犯罪件数が少なく、比較的治安が良いエリアといわれています。 堺市は周辺駅と比べて家賃相場は高めですが、初めての一人暮らしで治安の悪いエリアだと不安という人にはおすすめ。また、駅周辺にはスーパーや飲食店も豊富に揃っており、非常に過ごしやすい街です。

大阪なら医療事務の仕事も探しやすく、充実したプライベートを過ごせる!

日本の3大都市として数えられる大阪は、医療事務の求人も多くあり、見つけるのに苦労することはほとんどないでしょう。医療事務は未経験からでもOKな仕事もあるため、誰でも気軽にはじめることができます。

大阪は魅力的な建造物やお店もたくさんあり、特に人とコミュニケーションを取ることが好きな人にとっては、とても楽しく過ごせる街です。魅力の多いエリアで仕事もプライベートも充実させるため、大阪で医療事務の求人を探してみてはいかがでしょうか。

大阪の医療事務の求人をチェック