群馬で医療事務として働くメリットは?求人の特徴や具体例を紹介

2020/06/26

群馬県で医療事務として働いてみたいと考える方も多いのではないでしょうか。今回は具体的な求人例や給与の実態、群馬県で働く魅力を紹介します。あわせて気をつけておくべきポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

群馬の医療事務の求人の特徴は?

医療事務の仕事は全国にあるため、地域ごとの求人の特徴を知っておくことは大切です。ここからは、群馬県で医療事務として働きたいと考えている場合に知っておきたい給与の実態や求人数、具体的な求人例を紹介していきます。

平均給料

医療事務の地域別平均年収を見てみると、群馬県では322.0万円です。大都市から離れている地方都市の平均年収が200万円台であることを考えると、群馬県の医療事務の年収は高水準と言えそうです。また経験者や資格を持っている人の場合はさらに高い給与からスタートできることもあります。

働き先の数

群馬県では医療機関の数は3302個。そのうち医療事務の主な働き先である病院施設は約130存在します。群馬県では幅広い医療機関やクリニックなどで医療事務の需要はあるといえそうです。2020年1月現在、ソラジョブでは約50件の医療事務求人があり、雇用形態はパートから正社員まで様々。希望の職場を試しに検索してみましょう。

求人例

例1)ブランクがあっても大丈夫!即日勤務可能なクリニックの医療事務業務。

職種 医療事務/受付
仕事内容 医療事務受付業務・レセプト業務・診療室内業務・カルテ、在庫管理他
給与 月給170,000円~210,000円
雇用形態 正職員
勤務時間 8:45~18:00(休憩時間含む)
8:45~13:00
※日祝、木曜午後、およびその他週1日が休日
応募資格 患者様と優しくコミュニケーションのとれる方
※未経験者は短大・専門卒以上(医療事務経験のある方は問いません)
社会保険 厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険
求人の特徴 未経験可、ブランク可、無資格可、新卒可、即日勤務OK、40代活躍

このクリニックは、医療事務の資格を持っていない人や、未経験の人でも正職員として採用してもらえること、ブランクがあっても活躍できることから、働くためのハードルが低くなっているのが特徴です。

例2)しっかり休める!調剤薬局での医療事務スタッフ求人。

職種 医療事務/受付
仕事内容 薬局店舗、事業運営とその補佐
・調剤薬局での医療事務とその補佐(受付、入力、レセプト作成)
・在宅医療での医療事務とその補佐(保健確認、必要契約締結、受付、入力)
・高齢者施設との提携で発生する薬局業務とその補佐(受付、入力、運搬、介護施設との連携窓口)
…など
給与 月給128,000円~240,000円
雇用形態 正職員
勤務時間 9:00~18:00
10:00~19:00
※週休2日(会社カレンダーによる)
※シフトで休日取得、年間休日125日
応募資格 普通自動車免許(AT限定可)、経験者優遇
社会保険 厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険
求人の特徴 未経験可、週休2日、年間休日120日以上

この求人は調剤薬局での医療事務業務です。年間休日120日以上のため、プライベートの時間を確保しやすくなっているのが特徴です。

群馬で医療事務として働く魅力とは?

群馬県で働くとその地域の良さを存分に味わいながら仕事ができます。仕事のみでなくプライベートも充実させることで長期的に楽しく働けるようになります。群馬県で医療事務を行う魅力をみていきましょう。

・4大温泉で仕事の疲れをリフレッシュできる
・ご当地グルメで食事を満喫できる
・上毛三山は気分転換に最高
・富岡製糸場で観光も楽しめる

4大温泉で仕事の疲れをリフレッシュできる

群馬県には草津、伊香保、水上、四万の4大温泉があり、県内のみでなく県外からもその温泉を求めてわざわざ訪れるほどです。仕事の疲れをリフレッシュできるだけでなく、健康や美容にも効果が期待できるのも魅力的です。

ご当地グルメで食事を満喫できる

群馬県では、温泉のみでなく名物のご当地グルメが人気を持っているのも特徴です。言わずと知れた水沢うどんや、郷土料理のおっきりこみ、おみやげにも最適なみそパンなど、舌をうならせるユニークな食べ物がたくさんあるので、ここでしか味わえない食事にきっと満足できますよ!

上毛三山は気分転換に最高

パワースポットとして有名な上毛三社。都内から日帰りバスツアーが組まれるほど人気のスポットになっており、多くの観光客が訪れたい場所の1つとなっています。群馬県にそびえる「赤城山」「榛名山」「妙義山」を眺めながら巡る旅は、あまりの雄大さに仕事の疲れも吹き飛ぶでしょう。

富岡製糸場で観光も楽しめる

世界遺産でもあり国宝でもある富岡製糸場は、日本政府が明治時代に近代化を進めるために設立した機械工場です。昔と変わらない状態で保存されているため、日本の産業発展の歴史を知るための貴重な場所となっています。日本の近代化の歩みを知るためにはぴったりな場所です。

群馬で働く上で気をつけておきたいポイント

群馬県の魅力を知っておくのも良いですが、その反面群馬県で生活する上で気になる点も理解しておくことも大切です。

・車がなければ移動が不便になってしまうことも
・気候の変化が大きいため体調管理が重要
・最初は言葉がきつく感じてしまうかも

車がなければ移動が不便になってしまうことも

群馬県も地域によっては車がなくても移動に困ることはありませんが、山間部など中心部から離れた場所では車がなければ移動が不便になってしまうかもしれません。また、群馬県民の自動車依存度は全国的に高くなっており、ちょっとした移動でも車を使ってしまうところがあることから、運動不足には注意しておきたいところです。

気候の変化が大きいため体調管理が重要

群馬県の南部は平坦になっており、北部や西部は山が多くなっていることから、住む場所によって気候が大きく変わってきます。また、太平洋型の気候特有の夏は暑くて雨が多いところや、冬にはからっ風の影響で冷え込むことから、体調管理には十分注意が必要です。

最初は言葉がきつく感じてしまうかも

養蚕や絹織物産業が発達していた歴史により、群馬県は工場で働く女性が多い土地でした。有名な「かかあ天下とからっ風」という言葉の通り、しっかり者でちょっと気が強い女性が多いと言われています。男女問わず義理人情に厚いといわれる群馬の県民性ですが、慣れないうちはきつく感じられるかもしれません。

群馬の良さを満喫しながら医療事務として働こう

本記事では、群馬県で医療事務として働く上で参考となる求人情報や、地域の良さ、気になる点を紹介しました。あらかじめ地域の特徴を理解しておくと、住んでみてから驚いたり困ったりする可能性が低くなります。ほかの地域と比較をしながら事前にしっかりと情報収集をして、転職を成功させてくださいね。

新着記事